新着情報:お詫びと訂正 - 全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会

新着情報のページです。統一教会の信者に対する、拉致監禁・強制改宗について、その根絶を求めます

新着情報


2016年12月28日

お詫びと訂正


 12月22日に公開した当サイトの記事で「新潟大学CARPに所属する男子学生Aさん(21歳)が拉致監禁された可能性が濃厚」と報じました。Aさんの失踪後10日間以上連絡が取れなかったこと等、当時の状況から拉致監禁の可能性が高いと判断しましたが、26日の記事でお知らせした通り拉致監禁ではなく結果的に当方の誤報でした。

 記事内において、Aさんのご家族があたかも拉致監禁に関与しているごとく報じましたが、間違いでした。Aさんのご家族にお詫び申し上げます。

 Aさんは既に家族と話し合いの場を持ち、現在はCARPの活動を黙認してもらっているとのことです。

 全国拉致監禁・強制改宗被害者の会 代表 後藤徹

  • 我らの不快な隣人

    ルポライター米本和広氏が、拉致監禁によって引き起こされたPTSD被害の実態をレポート。

    ►第6章 掲載
  • 人さらいからの脱出

    世にも恐ろしい「人さらい事件」に関わった弁護士、牧師、マスコミ人らの非道な実態を実名で白日のもとにさらす。

    ►書籍紹介
  • 日本収容所列島

    いまなお続く統一教会信者への拉致監禁。小冊子やパンフレット、HP等で告知してきた内容をまとめました。

    ►書籍紹介

URLから
http://kidnapping.jp/m/
QRコードから