全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会

統一教会の信者に対する、拉致監禁・強制改宗について、その根絶を求めます
情報を確かめてみる

冊子・ビラ・書籍


我らの不快な隣人 統一教会から「救出」されたある女性信者の悲劇

 心的外傷後ストレス障害(PTSD)とは、心に加えられた衝撃的な傷が原因となって、さまざまなストレス障害を引き起こす疾患のことを言います。拉致監禁による強制改宗は、最も信頼する「心のふるさと」とも言える家族が実行犯となって行われることから、被害者に対し深刻なトラウマを与える結果となっています。

 拉致監禁によって引き起こされたPTSD被害の実態を、ルポライター米本和広氏が『我らの不快な隣人』(情報センター出版局)の第六章「引き裂かれた家族」でレポートしています。

 その実態を知っていただくため、著者および出版社の許可をいただき、ここに内容を紹介いたします。


出版社:情報センター出版局

ISBN-10: 4795847622

ISBN-13: 978-4795847620

価格:1,680円

Amazonで購入する

目次

  • プロローグ いい子になるから迎えに来て
  • ◎第一部 麻子の物語
  • 第一章 四つの断章
  • 第二章 私は統一教会信者です
  • 第三章 あーちゃんを探さなきゃ
  • 第四章 家族ごっこ
  • 第五章 まだ原理を信じているのか
  • 第六章 引き裂かれた家族
  • 第七章 剥がれたメッキ
  • ◎第二部 カルトと反カルトの間で
  • 第八章 暗い歴史
  • 第九章 野犬狩り
  • 第一〇章 再生か解体か
  • 第一一章 借金集団
  • 第一二章 信者とは誰か
  • 第一三章 水面下の攻防
  • 第一四章 韓国に渡った花嫁たち
  • エピローグ 誰が家族を壊すのか

第六章 引き裂かれた家族

  • 我らの不快な隣人

    ルポライター米本和広氏が、拉致監禁によって引き起こされたPTSD被害の実態をレポート。

    ►第6章 掲載
  • 人さらいからの脱出

    世にも恐ろしい「人さらい事件」に関わった弁護士、牧師、マスコミ人らの非道な実態を実名で白日のもとにさらす。

    ►書籍紹介
  • 日本収容所列島

    いまなお続く統一教会信者への拉致監禁。小冊子やパンフレット、HP等で告知してきた内容をまとめました。

    ►書籍紹介

URLから
http://kidnapping.jp/m/
QRコードから