統一教会の信者に対する、拉致監禁・強制改宗について、その根絶を求めます

拉致監禁・強制改宗とは・・・
暴力的、強制的、ないし詐欺的に人を拉致し、外部との交流と連絡を遮断した環境で信仰破壊を図り、脱会ないし改宗するまで拘束し続ける行為。 主な被害者は、統一教会信者で、その数は4,300人を超える。首謀者は、統一教会を”異端”とするキリスト教牧師、統一運動・勝共運動に敵対する弁護士・ジャーナリストらで、両親の不安を煽り、多額の報酬を要求する「ビジネス」としての要素も強い。

動画映像


踏みにじられた人権


韓国SBSドキュメンタリー


「守れ、日本の人権と信教の自由」決起集会


誰が彼女の命を奪ったのか

新着情報
2014/07/25
国連自由権規約人権委員会報告書に統一教会信者の拉致問題が掲載される 詳細 ►
2014/06/11
後藤代表の控訴審が開廷 詳細 ►
2014/05/23
後藤代表が、勝訴判決を勝ち取るまでの道程が映像化! 詳細 ►
2014/03/05
「国境なき人権」が現在失踪中の被害者に関するニューズレターを発行 詳細 ►
2014/02/20
統一教会員の拉致と闘い日本の信教の自由を守る (シアトル・USA) 詳細 ►
2014/01/28
東京地裁 拉致監禁実行者に賠償命令 詳細 ►
2014/01/24
後藤徹・当会代表民事裁判 判決直後のインタビューを中継します! 詳細 ►
2014/01/06
年始に連続の拉致監禁事件 詳細 ►
2013/12/06
【重要なお知らせ】 後藤代表の裁判判決が延期となりました。 詳細 ►
2013/12/02
佐賀大学の「宗教迫害」裁判の口頭弁論が開かれる 詳細 ►

拉致監禁事件の解決を求める有識者の声

元外交官 文筆家 佐藤 優

一部のキリスト教徒が統一教会を目の敵にして、攻撃するのは間違っています。伝統的キリスト教徒と統一教会の差異を正しく認識し、相互に信仰を尊重しあうことが重要です。特に統一教会の信者を無理やり連れ出して、改宗を求めるような行動派、断じて許されません。 ...続きを読む

元衆議院議員 前日本医師連盟参与 桧田 仁

昨年のアメリカ国務省国際人権報告書に、警察が組織的に拉致、監禁、暴行等傷害事件を何ら救済をとらないばかりか、取り締まりをしないという報告がされて、日本のこの例が報告されて、日本の警察が国際社会からも信用を失墜しかねない、極めて重大な事態になっております。 ...続きを読む


当会は、拉致監禁による強制改宗・強制棄教の被害の経験を持つ世界基督教統一神霊協会(統一教会)の信者によって構成された任意団体です。 約43年間にわたって起こってきた拉致監禁による棄教強要の深刻な人権侵害を終わらせるため、啓蒙活動をはじめ、反対派の犯罪性を暴露し、被害者のケアなどにあたっています。


>> 相談窓口のご案内

統一教会信者の方で、ご自身が拉致監禁に遭う危険性を感じている方、また、不幸にもすでに拉致監禁され、PTSDなどの後遺症に悩んでいる方、あるいは反対派の影響などから信仰生活や人間関係が円滑にいかなくなり、悩んでいる方々の相談窓口を設置しています。  「相談窓口はこちら」

  • 我らの不快な隣人

    ルポライター米本和広氏が、拉致監禁によって引き起こされたPTSD被害の実態をレポート。

    ►第6章 掲載
  • 人さらいからの脱出

    世にも恐ろしい「人さらい事件」に関わった弁護士、牧師、マスコミ人らの非道な実態を実名で白日のもとにさらす。

    ►書籍紹介
  • 日本収容所列島

    いまなお続く統一教会信者への拉致監禁。小冊子やパンフレット、HP等で告知してきた内容をまとめました。

    ►書籍紹介

URLから
http://kidnapping.jp/m/
QRコードから